2011年08月14日

地域自治区から見た大阪都構想

 8月5日の毎日新聞で、次の記事がありました。

--------------------------- 引用開始 ---------------------------
大阪市議会:「地域自治区」創設を目指す 維新市議団、特別委で表明 /大阪

 「大阪都構想」など大都市制度の見直しを議論する大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会が4日開かれた。この中で、首長政党「大阪維新の会」市議団は、地域コミュニティーの充実強化のため、市内に「地域自治区」の創設と、これに対応する「地域協議会」の設置を目指す考えを明らかにした。

 委員会で説明した維新の河崎大樹市議によると、地域自治区は現在の24区の行政区画を基本とする。以前に合区などがあった地域では、合区前の行政区で創設することも検討。地域協議会は地域住民で構成し、区政について区長に意見を述べたり、区長の諮問に対し答申する組織としている。河崎市議は「維新は地域コミュニティーを分断、破壊するつもりだとの批判があるが、地域の声を政治に反映させるつもりだ」と述べた。

毎日新聞 2011年8月5日 地方版
--------------------------- 引用終了 ---------------------------

 大阪都構想実現後の特別区に、現在の24区を基本にした「地域自治区」「地域協議会」を設けるとしたものです。
 地域自治区については、以前の記事「維新の会市議団が大阪都構想へ2段階方式など提唱(その2)」で取り上げましたが、もう少し議論を進めてみたいと思います。

 ウィキペディアで調べてみると(ウィキペディアの「地域自治区」)、地域自治区、地域協議会は、地方自治法で定められた、次のようなもののようです。

「地域自治区」
〇市町村長の権限に属する事務を分掌させ、地域の住民の意見を反映させつつ処理させるため、条例により設置する。
〇特別区と異なり、法人格はなく、市町村内の一組織。
〇地域自治区には事務所が置かれ、事務所の長には、その市町村の職員が命じられる。
〇市町村長は、事務所の長に、事務の一部を委任できる。

「地域協議会」
〇構成員は、市町村長により、地域自治区の区域内から選任される。
〇地域自治区に関する事項について、市町村長などから諮問を受け、審議して意見を述べる。
〇市町村長は、重要事項であって、地域自治区の区域に係るもののうち、条例で定めるものを、決定・変更する場合、あらかじめ地域協議会の意見を聴かなければならない。

 地域自治区は、(法的根拠の軽重など、差異は色々あると思いますが)市町村の中での役割や位置づけは、大阪市の24区(=行政区)とかなり似ているようです。
 ただ、その事務所に、どの程度の役割を持たせるかは、自由に決められるようなので、転入出の届けや住民票請求の取次ぎをするだけかもしれませんし、大阪市の24区役所にかなり近いものにすることも可能です。

 地域協議会は、大阪市でいうと、自治会と区役所が協働して行う活動全般や最近作られた「区政会議」も、ひっくるめたモノに当たるのかなと思います。
 条例上に根拠を持ち、意見を述べられるとしている点で、区政会議より地域協議会の方が強力です。
 ただ、構成員を市長が選任するとしている点や、意見を述べるだけで、議会の議決のような拘束力を持たないですから、議会と比べられるようなものではなく、区政会議とかなり似ているのかなと思います。(地域協議会は、ずっと以前からある制度ですから、区政会議がマネたというべきでしょう。)

 地域自治区の事務所が、どのようなものかは、簡便なものから、平均職員数200人規模の現在の区役所に近いようなものまで、様々に考えられると書きましたが、イメージを掴むため、ちょっと大胆に想像してみることにしましょう。
 ひとつの手がかりは、上の記事で「以前に合区などがあった地域では、合区前の行政区で創設することも検討。」としていることです。(つまり、北区には「旧北区」「大淀区」、中央区には「東区」「南区」で地域自治区を置くことも検討するということです。)

 旧北区と大淀区、それと東区と南区を合区したのは、区の人口規模が小さく、それぞれに今のような区役所を置くのは、効率が悪過ぎるからだったと思います。
 この事情は現在も変わりませんし、特別区を24にせず、8〜9の30万人規模に拘っていることを思うと、効率性無視で、地域自治区の事務所を置こうとしているとは、思えません。
 そうすると、現在の区役所と比較して、追加で配置しても財政上の負担が、そこまで大きくない、ある適度、機能を絞った地域自治区の事務所が想定されます。

 地域自治区の事務所を、区役所より機能を絞り込むとすると、例えば「国民健康保険業務」でいうと、区役所で行う国民健康保険の業務全部を事務所で行うのではなく、窓口業務部分だけを担当するというのが、想定されます。(今の大阪市でいうと、区役所出張所のような役割分担。)
 ただ、特別区の区役所は、(現在の24区の区役所より)結構遠くなる人も出てくるので、できるだけ住民の用事が地域自治区の事務所で済ませられるようにしたいでしょう。だから、取り扱いの窓口の種類は、(簡便にマニュアル対応で済ませられるなら)できるだけ幅広く、地域自治区の事務所で扱うようにするはずです。
 ただ、窓口業務に絞って幅広く扱うということは、事務所に、それぞれの業務に精通した人間はいないということです。だから、少し専門性の高い相談や申請は、事務所では扱わず、特別区の区役所へ行ってもらうのかなと思います。
 例を挙げてみると、保険料の納付書を紛失したので再発行して欲しいという相談は受けるが、どうしても保険料を払えないので分納などができないかといった相談は特別区の区役所へ行ってもらうとか、福祉サービスについて、適用者が毎年提出する書類の受付は事務所でするが、サービスの適用が受けられるかといった相談は特別区の区役所へ行ってもらうのかなといったイメージです。
 また、特別区の区役所が遠いこともあって、来客は結構多いはずです。

 こういった条件で地域自治区の事務所のイメージを、想像してみます。
 窓口は、住民票・印鑑登録関係(職員10名)と税・国民健康保険・国民年金関係(職員5名)と福祉関係(職員5名)の3つ。
 その他に、事務所長と総務・地域協議会関係(職員4名)で、概ね職員25名程度の事務所。

 カウンター内に25名程度の事務スペースが必要で、カウンターの外も、来客の待合や届出書などを書けるスペースを、少しゆったり取りたいとして、中規模のコンビニの2倍程度の広さのワンフロアーくらいでしょうか?
 建物は2階建てにして、2階の半分は倉庫、半分は会議室で、地域協議会の開催ができるようにするのかな。
 事務所の外には、駐車スペースが5〜10台分。それと駐輪スペース。
 勝手にイメージしてみましたが、いかがでしょうか?


 橋下知事は、区役所の権限を強化して、特別区にすると語るのですが、わたしには、24区(=行政区)の区役所は、地域自治区の事務所に置き換えられるように見えるのです。
 理由としては、
〇今までどおりに、24区それぞれにあるのは、特別区の区役所ではなく、地域自治区の事務所です。
〇今の(行政区の)区役所も、地域自治区の事務所も、市(や特別区)に属する組織で、市長(や特別区の区長)の事務の一部を委任され、転入出の届出や住民票の発行などを行う、普段のわたしたちが、一番近い役所として接する場所になります。

 橋下知事の語る姿は、これです。
大阪都構想イメージ01.jpg

 わたしのイメージを図にすると、(大阪市域の部分だけですが)こんな感じです。
大阪都構想イメージ05(地域自治区).jpg

 大阪都構想で、24区(行政区)が地域自治区に置き換わると考えると、現在と大阪都後の組織などの対比は、次のようになります。

大阪府 → 大阪都

大阪市 → 特別区
  (市長  → 特別区の区長)
  (市議会 → 区議会)

24区(行政区) → 地域自治区
  (区長  → 地域自治区の事務所長)
  (区政会議→ 地域協議会)

 この対比の中で、特に大きく変わるのは、「大阪市 → 特別区」の部分で、単に分割されるだけでなく、市町村が持つ自治体固有の税源の大半を失い、合計しても今までの大阪市の予算額より、ずっと少ない予算を都から配分してもらうことで、行政を行うことができる中途半端な自治体となります。(この点は、以前の記事「大阪都構想のイメージ図」で説明しています。)

 大阪市が特別区になることで、権限や予算がどのように変わるのか、24区が地域自治区になることで、どのように変わるのか、わたしたちの身の回りの行政サービスについて、しっかりイメージを持ちながら、見定める必要があるようです。


(追記)
 大阪都構想大綱(案)で「各特別自治区の職員数は中核市の職員数を基本とする」と示され、高槻市(中核市)程度とすると、(市役所・区役所の事務を引き継ぐ)特別区の区役所全体で1300人程度のようです。
 上記の記事で、地域自治区の事務所の規模を1ヶ所の職員数25人程度としましたが、25人×3ヶ所=75人をその中から割くのは、かなり難しいと思われます。恐らくは、更に小さな規模の事務所になると思われます。
 なお、高槻市が支所に配置する職員数は、高槻市全体で14人とのことです。


・・・もし、この記事を気に入っていただけましたら、お勧め記事のまとめ目次から、他の記事もどうぞ。
   大まかに大阪都構想のことを知りたい方は、まとめブログをご覧ください。
posted by 結 at 05:29| Comment(6) | 概要 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地域自治区、もういい加減にしてほしいですね。どれだけの設置費用がかかるのでしょうか。区議会議場の整備など、区役所本庁にも多額のお金が必要なのに。ワン大阪の目的は効率的な行政だったんじゃないんでしょうか。そこに上乗せで地域自治区役所とは、開いた口がふさがりませんね。
Posted by あさださとし at 2011年08月16日 20:30
あさださとしさんへ

 特別区が8〜9なら、現行の24区でいうと、3区に2区は役所のない地域になってしまう訳で、そりゃあ支所くらい作るでしょう。
 「地域自治区」という制度を持ち出すのは、ちょっと意外でしたが、設置する事務所などのコストは別に変わらないし、維新の市議さんにしても、今の「区」を無くす訳ではないという言い訳がしたかったのでしょう。

 ただ、段々気づく人が増えると思いますが、今の区が地域自治区になるなら、区長の権限を拡充して特別区にするという嘘が、より分かりやすくなったのかなぁと思っています。

 大阪都への移行経費は多分、膨大ですよ。何しろ、府庁の一部2千人が咲洲庁舎へ引っ越すだけで30億円掛かったそうですから、引越しや間仕切りの変更だけでも、かなりの経費が必要ってことですよね。

 特別区の区役所、議場も要りますが、全ての業務で業務量2〜3倍(+教育委員会など市役所から新規の業務も大量)に耐えられるスペースのある区役所なんて、無いように思います。維新の会は、特別区の事務なんて関心ないでしょうから、無理やりでも今の区役所の建物で何とかしろと押し込むでしょうが、結局は建て直しになるでしょう。

 区役所以外の保健所、図書館、消防署などの再編も、必要になるでしょうし、このブログで何度か指摘してる、行政システムは開発でも改修でも、時間も経費も膨大です。

 全体の移行経費が膨大過ぎて、地域自治区の事務所の設置経費とか、全然気にしてませんでした。
Posted by 結 at 2011年08月18日 01:56
結さんのイメージ図、非常に分かりやすいですね。
ちょっと付け足しというか、微修正して欲しいなと思うのは、ピンクの部分の面積=大阪都の権限が、微妙に増えてますが、もうちょい明確に増やしてもいいのかなという点と、地域自治区は簡易な手続きのみの機能しかないので、もとの行政区より面積は小さくなるんではないかと思います。
そうすると、ますます維新の会の目指す都構想における将来の大阪市(もう「大阪市」ではなくなるらしいけど)は住民にとってマイナスばかりの組織になる可能性大ですね。
Posted by bafuken at 2011年08月18日 03:37
結さん初めまして。
私は大阪府内の某自治体の職員です。(大阪市、大阪府では無いですよ^^。)
自分なりに大阪都構想を勉強しており、このブログに辿りつきました。大変勉強になります。
恥ずかしながら、私も1年前までは最初は大阪都構想は二重行政が解消されて東京都に近づけると浅い考えをしていました><。
流石に今は違いますが。。。
これからも書き込みする予定なのでよろしくお願いします。
Posted by ヒロ at 2011年08月18日 19:27
bafukenさんへ

 ご意見ありがとうございます。
 言い訳をさせていただくと、都の権限の増加は、政令市と中核市の差分と捉えると、業務量としてはそれ程大きいとは思っていません。「大事な」権限ばかりだとは思いますが。・・・で、こんなものかと。
 行政区より地域自治区の事務所の役割は、かなり小さなものになると想定します。ただ役割の大きさと見た場合、地域自治区の図が大きいというより、(維新案の)行政区の役割部分が小さ過ぎると思ってます。でも、行政区を大きくしてしまうと維新案との対比にならなくなるし。更にいうと、地域自治区の文字をこれより小さくするのも難しい(笑)・・・で、十分とは思ってないのですが、ご容赦を。

 個人的には、大阪都前後での財源配分の変化を表せなかったのが、一番の不満点です。でも、これを入れると、複雑になって分かりにくくなる。難しいです。


ヒロさんへ

 いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
 「二重行政解消」って、言葉だけは、すうっと入ってくるのですが、じゃあ、具体的に考えようとすると、どんな風に、どれ位、効果が出るのか全然分からない魔法の言葉ですね。

 大阪市民以外の観点は、含めようとすると議論が複雑になりすぎるので、記事で取り上げることは少ないですが、そういった観点での議論も歓迎します。
 このブログは、学者さんのような上等な理論展開ができる訳ではないので、大阪都構想を捉えるための、少し違った観点を提示できたとしたら、何よりと思っています。

 これからも、よろしくお願いします。
Posted by 結 at 2011年08月19日 23:20
上記のあさださとしさんへコメントで書いた「府庁の一部2千人が咲洲庁舎へ引っ越すだけで30億円」は、昨年の記事(産経2010/11/22 「旧WTCへの大阪府庁移転 どことなくスローペース」)を確認したら、17億円とのことでした。

ごめんなさい。訂正させていただきます。
Posted by 結 at 2011年08月20日 16:25