2010年11月04日

大阪都構想についての議論を選挙でするのでは、ダメだと思う

 一部のメディアで、大阪都構想の具体像が示されていないことの批判が散見されます。でもまだ、「決着は選挙で。」という雰囲気が、そういう報道の中からも感じてしまいます。

 大阪都構想についての、ひとつの決着は、来年4月の統一地方選挙での、大阪府議会、大阪市議会、堺市議会の選挙の結果だとは思います。
 でも、大阪都構想についての議論を、選挙の時にするのでは、ダメだと思うのです。

 大阪都構想については、「どのような制度の形態にするのか」「メリット・デメリットなど府民・市民にどのような影響があるのか」、橋下知事からほとんど語られていないため、メディアなどでも、あまり踏み込んだ評価をしない傾向があります。
 マスメディアが府民・市民の論議の場として、十分に中立で適切なのかは疑問な部分もありますが、それでも、府民・市民が広く意見を交える場としては、マスメディアしかないと思うのです。
 ネットは、確かに広がりを持ち、多くの人が気軽に参加し、意見を交わせる場ですが、府民・市民の全体から見れば、ごくごく一部の人でしかありません。

 でも、今年の5〜7月頃、大阪都構想にそれなりに関心が出てきた頃にも関わらず、マスメディアであまり取り上げられなくなりました。5月末と7月中旬に大阪市議会の補欠選挙があり、その選挙期間中に、一部候補の主張のみを取り上げた放送となることを避けたからです。
 厳密には、報道で取り上げられない訳ではないのです。ただ、どこかの候補の主張を取り上げようとすると、他の候補すべての主張を取り上げることが求められるため、放送局などでは、ついつい取り上げることを躊躇してしまうようです。

 当然、来年4月の統一地方選挙前にも、同じようになります。選挙期間中に入ってしまうと、マスメディアを通じての議論は、機能不全に陥ると考えた方がいいのです。

 大阪都構想についてのひとつの決着が、来年4月の統一地方選挙なのは、確かです。
 それにしては、大阪都構想はあまりにもぼんやりしていて、特に大阪市民の行政サービスに重大な影響を与えるにも関わらず、どう評価していいか、十分な情報を持っている人は多くはありません。ちゃんと評価できるまでの道のりは、かなり遠いでしょう。
 多分、関心は選挙に向けて高まると思いますが、選挙期間に入ってしまうと、関心があっても、マスメディアを通じた、ある程度第三者の立場で評価された情報がないことになってしまいます。
 そんなことにならないよう、橋下知事や大阪維新の会から、大阪都構想の具体像などの情報が、少しでも早い時期から提示されることを望みます。
 ただ、新聞などによると、橋下知事は、大阪都構想について現在以上の情報提示をしないことを明言されていますから、「大阪都構想を提案するというなら、もっとちゃんと分かるように説明しろ。」という声が、府民・市民から上がらないと無理なのかもしれません。


・・・もし、この記事を気に入っていただけましたら、目次から、他の記事もどうぞ。
   大まかに大阪都構想のことを知りたい方は、まとめブログをご覧ください。
posted by 結 at 03:21| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。