2010年10月04日

橋下知事の市役所改革に疑問に思うこと

 橋下知事が、大阪市役所批判を行ったうえで、「大阪市役所を一度ぶっつぶして、作り直しましょう!」的な発言をされるのを、テレビの報道などで、よく聞きます。
 でも、橋下知事を大阪市役所の改革者として考えた時、ちょっとヘンじゃないかと、感じてしまうのです。
 それって、なぜなのかを考えてみました。

 一つ目には、橋下知事が大阪府知事だということです。
 大阪市役所が、今のままでいいとは思いません。色々、改善・改革には努めてもらいたいと思います。でも、大阪府知事の橋下知事が大阪市役所を批判し、改革を訴えるほどに、大阪府という組織は、素晴らしく改善など不要な組織なのかと思うと、あまりそんな風には思えないのです。
 他所のことをあげつらう前に、自らの組織を、どこからも批判など受けようも無いよう、改革に努めることが先でしょう。例え、府の改革を行いながら、市役所へも改革を求めるならば、自ら100をやって、よそへ10を求めるものだと思います。でも実際は、自ら10やって、よそへ100を求めているような。
 橋下知事は、大阪市役所へ解体を求めました。「府庁と市役所を共に解体して、作る直す。」といった発言をされたこともあったと思います。でも、橋下知事が、府庁をどのように改革するのか、それが「解体」の名に値するのか、その姿は何も見えません。
 市役所の広域業務の部署を吸収し、組織再編することや、欲しい業務だけ府庁に集めて、いらない業務を市町村へ押し付けることが、府庁の「解体的」改革でないことを望みます。

 二つ目は、橋下知事が大阪都構想後の基礎自治体の長になるとは、言っていないことです。
 大阪都構想であれ、大阪市分市案であれ、大阪市の主要な業務部門は、都区や分市後の市が引き継ぐことになります。そして、都庁であれ、府庁であれ、都区や新市の業務を統括する訳ではありません。あくまでも、都区や新市が自ら業務を行います。
 橋下知事の主張される大阪市の分割は、確かに、市役所をぶっ潰しますが、それを市役所改革と捉えるならば、始まりに過ぎません。そこから具体的に改革が始まるのだと思います。
 それなのに、区長となってどんな区政を行うかといったビジョンを示すどころか、どのように関与するかすら示さない人を、改革の担い手と見ることはできません。

 三つ目は、橋下知事の示す改革案が、自分の求めるものと合致しないように思うからです。

 大阪市役所に不満を持っているとして、改革をして欲しいと思う点って何でしょうか。
 身近な行政(下水道処理やゴミ処理、水道の給水、市バスの運営なども身近な行政のうちです。)についていうならば、細かなことは色々あるとしても、わたしは大きくは満足しています。
 道路は整備され、街灯のない道路は見当たらない。公園や街路樹の整備で、昔とは比較にならないくらい、街中の緑も多くなった。水道料金も府下では安い方だと聞くし、市内なら、地下鉄かバスで、どこへでも行くことができる。市内で部屋を探す時に、下水のことなど調べもしないし、大雨が降って冠水したという話も、随分となくなりました。
 勿論、もっともっと良くして欲しいとはいえ、基礎的な行政としては、わたしは大きな不満はありません。

 わたしが市役所に改革を求めたいとすれば、不祥事などで聞かれるような職員の気持ちを引き締め、「役所の論理」ではなく「市民目線で働く組織」になって欲しいといったことです。
 ですから、職員の4分の1程度(特に組合関係者)を、民間出身者に途中採用で入れ替えて、組織体質や職員意識を変えるというような案であれば、大賛成します。

 では、橋下知事の改革案はどうなのでしょうか。
 今までの話を聞く限りは、大阪市の分割を骨子とし、そこに議会制度を中心とした住民参加を図るといった形で広げていく案を想定します。
 でもこれでは、今の基礎的な行政を支えている行政組織は壊れてしまいます。大阪市は、市全体で基礎的行政を行う組織を作ってる訳ですから、(個々の業務の中ですら)普通に分割できる部分もあれば、分割できない部分もあります。総体として考えれば、現状よりどの程度の低下で抑えられるかに挑戦する作業になるように思います。

 逆に、職員は何か変わるのでしょうか。
 組織は大きく変わるとして、職員の意識改革へ繋がるような改革は、わたしには見えてきません。
 「『区を3つ合わせた程度の小さな?自治体』になることで、市民との距離が近くなり、市民目線での行政を行うことができるようになる。」といったお題目が聞こえそうですが、現状の区役所より遥かに遠い姿を想像すると、全然、実感としては思えません。

 わたしにとって、橋下知事の大阪市役所改革案は、市役所の行政の壊さないで欲しい部分は壊してしまい、変えていって欲しい部分はどうなるか判然としない、職員は今のまま変わらないんじゃないかとも思えてくるような「改革案」です。

 あなたが大阪市役所に改革を求めているとして、あなたにとって、大阪市役所に変えて欲しいこと、変えて欲しくないこととは何ですか?
 橋下知事の大阪市役所改革は、あなたの希望に、きちんと合っていますか?

・・・もし、この記事を気に入っていただけましたら、目次から、他の記事もどうぞ。
   大まかに大阪都構想のことを知りたい方は、まとめブログをご覧ください。
posted by 結 at 00:54| Comment(0) | 行政組織 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント