2010年09月28日

知事と市長って、どっちが偉いか

 知事と市長って、どっちが偉いか?
 当たり前過ぎる話かもしれませんが、そういえば、話題にまだ、してなかったので、ちょっと書いてみます。

 普天間基地問題で、政府が揺れてます。沖縄知事選挙が終わるまで話が動かないってことになっていて、知事に誰が選ばれるかで、その後に大きく影響されるって、報道されてます。
 でも、総理大臣って、日本で一番偉い人で、沖縄県も日本の一部なのだから、そんなのガタガタ言ってないで、沖縄県知事を呼びつけて、基地問題の解決に取り組むように、命令しちゃえばいいじゃないかと思いませんか?本当はやりたいけど、民意とか考えると、なかなかできない?
 いえ、そもそも、国と沖縄県って、全く別の組織だから、(特別に法律で決められてるようなことを除けば、)総理大臣は、沖縄県知事に命令なんて、できないのです。できるのは、要請=お願い。

 別の組織ってことを、もう少し例を挙げて説明すると、国が日本国民を株主とする会社とすると、沖縄県は、沖縄県民を株主とする会社。株主は重なってるけど、会社としては、別会社。国の方が、規模の大きい会社という分、偉いのかもしれません。国と沖縄県の取引関係の中で、沖縄県がお世話になる分が多いから、色々無碍にもできないのかもしれません。
 でも、あくまでも別会社ですから、沖縄県知事は、総理大臣からでも、命令なんてされないし、色々世話になってる会社とはいえ、株主たる沖縄県民のためにならないと思えば、要請も断らなければなりません。

 大阪市って、規模が大きくて、政令指定都市として府県なみの権限を一部持っていて、府県と同格で、なかなか大阪府知事のいうことを聞かない。という言い方をされることがあります。
 でも、そもそも、市の規模の大小に関わらず、市長って、自治体という会社の社長さんであって、府県とは、確かに規模は違うけど、一国一城の主な訳ですから、(法律などで決まっている事項を除けば、)どんな小さな市の市長さんでも、知事から、上司・部下のように命令なんて、されないのです。

 それでも、「大阪市がいうことを聞かない」と言われるということは、「大阪市以外は、いうことを聞く」ということです。なぜ、大阪府下の大阪市以外の市は、大阪府の言うことを聞くのでしょうか。
 例えば、市で色々と仕事をする時に、府の許認可を受けないとできなかったり、国にお願いをしようとすると、府を通してお願いをしなければならなかったり、少し大きな公共事業をしようとすると、市単独でできないので、府の事業の中に織り込んで貰わないといけなかったりと、制度的にお世話にならないといけないのです。だから、少しくらいなら、無理な要請でも(後で、意地悪とかされたくもありませんから)、できるだけ、大阪府の言うことを聞くのでしょう。
 それでも、喜んで大阪府の言うことを聞いているかですが、堺市が新たに政令指定都市になったり、規模だけ満たす限り、東大阪市が中核市で、その他、特例市も、大阪府下にいっぱいあります。こういうのは、できるだけ、大阪府の権限から逃れようとしているとも、捉えられるので、あんまり、大阪府の影響が強くなるのは、喜んではいないのでしょう。

 大阪市は、政令指定都市で大阪府の許認可が必要なことって、少ないです。必要な公共事業も自分でやったりで、大阪府と協調しながらの事業はいっぱいあっても、大阪府に頼らなければできないことって、あまり多くありません。大阪府も、「大阪市は政令指定都市で、自分でできるでしょ。」と、他の市には出している補助金を大阪市には出さなかったりと、意地悪するので、余計に大阪府に頼る部分は少ないことになります。
 大阪市は、大阪府のお世話になってる部分が少ないのですから、無理をしてまで協力要請には、応じません。
 まあ、大阪府からすれば、大阪市も他の市と同じように命令をきかせたいのに、なかなか言うことを聞かない「うまくいっていない政令指定都市」ってことになります。大阪都構想で、大阪市を分割して、他の市なみか、それ以下に落としてしまえば、大阪府下は、みんな言うことをきく、「良い市」ばかりとなる訳です。それが、市民にとって「良い市」かというと、別のことだと思われますが。

 最初に戻って、知事と市長は、どっちが偉いかです。
 例えば、会議の席順とかの意味で言えば、知事が絶対に偉いです。でも、命令をする・命令を受ける、組織としての上下関係でいうと、知事も市長も、独立した自治体の長として、対等です。これは、市町村の規模に関わらずです。
 知事と市長が地域の行政のために協調するのは、大切なことです。でも、市が府県に依存し、府県の影響下に置かれる状態になっているのだとしたら、本来の地方自治制度からいえば、その状況の方が望ましくないのだと思います。


・・・もし、この記事を気に入っていただけましたら、目次から、他の記事もどうぞ。
   大まかに大阪都構想のことを知りたい方は、まとめブログをご覧ください。
posted by 結 at 02:37| Comment(2) | 行政組織 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、興味深い記事を見つけました。
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/20100929-OYO8T00304.htm

大阪市の追及によって、先般の意見交換会が「代表でなく知事」としての考えであることを大阪府が認めたようです。
何もなければ、この重要課題である「大阪都構想」について府議会で議論するつもりもなかったようですね・・。
いい加減にしてほしいものです。
Posted by 小市民 at 2010年10月01日 18:42
お教えいただき、ありがとうございます。

こういったことをきっかけに、府議会などで大阪都構想の具体像を明らかにするような議論が進めばいいなと思います。
ただ、大阪都構想については、5月に府議会で公明党議員が知事に質問したのに対して、知事は議論の進むような回答をしていなかったので、かなり期待薄ですが。

知事としての発言か、代表としての発言かについて、わたしは全く重視しません。公務中の発言でなくても、「知事の立場にある人」が公開の場で行う発言には、知事としての責任が伴うと考えるからです。
時々、大臣の舌禍事件が問題となり、時に大臣を辞職したりすることもありますが、大臣の公務中であった事例はあまり思いつきません。
マスコミや大阪府・大阪市などの関係者が、知事と維新の会代表の立場を使い分けることをなぜ認めているのか、その方が疑問です。
Posted by 結 at 2010年10月03日 13:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。