2010年09月25日

二重行政じゃなくて、無駄な競合施設

 今回は、先の記事で取り上げなかった、政令指定都市の権限と関係ない事業で、大阪府・市がそれぞれ行っているとして、マスコミから「二重行政」と呼ばれるものの話です。

 二重行政についてマスコミなどで取り上げられる時、次のような例がよく挙げられます。大学、図書館、病院、体育館などなどと。
 けれども、二重行政が、大阪府の中で、大阪市が一部府県並の権限を持つことで起きる無駄をいうならば、これらは二重行政ではありません。別に、政令指定都市でなくても、一般の市でできるものだからです。

 それでも、これらの施設がたくさん作られて、無駄になっているならば、問題として直視する必要があります。ただし、観点としては、「隣町に公民館ができたらしい。うちの町でも、負けずに公民館を作らなければ。」といった、無駄な競合施設の設置として。

 ただ、施設が、本当に競合しているか、無駄になっているかの検証は、相当に難しいはずです。
 その施設が本当に無駄になっているというのは、どう判定すればいいかということもありますし、設置経緯に問題があったかは、ひとつずつ検証しなければなりません。(設置経緯で競合的な問題がなければ、結果が無駄になっていても、それは計画の失敗であって、無駄な競合施設とはいえないのです。)
 少なくとも、雰囲気で言ってるだけのマスコミのレベルでは、検証はできません。また、大阪府が後から設置して、「うちは、大阪市民だけじゃなく、府民全体のための施設だから、競合施設じゃない。」などと言ってるようでは、検証にもなりません。(ちなみに、大阪市の多くの施設は、市民以外も利用できます。)

 では、大阪都構想を実現すれば、このような無駄な競合施設の設置は、防げるのでしょうか。
 大阪都構想で示す処方箋は、大阪市が分割されて無くなれば、大阪府と大阪市が競争して施設を設置することはなくなるというものです。
 でも、無駄な競合施設がどうして起きるか、ちゃんとした分析も、対策もされているようには見えないから、大阪都構想実現後も、大阪府は、今度は、東京、名古屋、京都、兵庫などと、張り合うようになるだけに思えます。そして、分割後の都区(新市)も、都区間で競って、競合施設を設置するようになると思うのです。
 特に、都区間の問題解消をどうするか対策を考えるくらいなら、今の大阪府と大阪市の2者の調整方法を考える方がマシなようにも思えてきます。

 更に、大阪都が実現しても、現在ある施設については、もっと限定的な対策しかありません。
 例えば、TVのコメンテーターは、「府と市が、それぞれ大学を持つ必要などない。」と気楽にいいますが、大阪市立大学は廃校にすべきと、本気で言ってるのでしょうか。
 出てくる結果は、せいぜい、「2校を統合的に運用して、効率化を図る。」といったことだと思いますが、カッコいい言葉ほどに、実質の量的効果が出るようには思えません。

 それから、さじを投げるような言い方になってしまいますが、最近のいくつかの事例などを見ていると、競合施設を「二重行政」と囃す方を、止めた方がいいんじゃないかと思います。無駄な競合施設の新設すら、止めるのは、無理に思うからです。

 ひとつの例としては、エキスポランド跡に、大阪府が計画しているテーマパークです。パラマウントを誘致するんだったでしょうか。
 どう考えても、開業10年後には、USJと「二重行政」と言われそうな競合施設の計画と思います。どうせなら、今のタイミングで、府民を含めて、徹底的に議論して、後でグダグダ言わないようにしたいじゃないですか。開業してから、「二重行政」なんてレッテルを貼っても、無駄は解消しないのですから。しかも、現在の議論を考えると、20年後くらいになって、大阪市があるから、無駄なUSJが作られたなんて、議論もありそうです。
 でも、「二重行政を無くせ!」とこれだけ議論になってるのに、このテーマパーク計画で、現在、そんな議論になる気配すらありません。
(府の意向に沿った審議会が何か答申をするかもしれませんが、それではダメだから、今の議論のはずですよね。)

 もうひとつの例としては、大阪市が進める阪神港のスーパー中枢港湾の認定の話。
 全国各地の港を整備して、集中整備する港を作ることを怠ったから、世界の港に負けてるという認識だったはず。だから、今度こそ、集中整備して、「打倒!釜山港!」のはずなのに、やっぱり、うちの港を指定してしてと、陳情合戦をしてる訳です。
 本来の目的を考えれば、当確の京浜港にすべて譲って集中整備すべきという議論があってもよさそうなものですが、もうひとつ枠があるならと、盛大に綱引きをやってます。地域の浮沈が掛かっていると、マスコミも煽りますが、結局、港や空港をいっぱい作らせた発想を、何も脱却できていないというのが、すごく良く分かりました。

 ・・・ということで、地域エゴとかって、無くしようもないし、無理なのかなって思ってます。

 でも、「二重行政を無くさなきゃダメ!」(=無駄な競合施設の新設はなくさなきゃ!)と思う人は、大阪市を分割して後は知らないみたいな中途半端なことはしないで、是非、最後まで考えてください。
 そうでないと、8つずつ、同じような施設ができるとか、更に悪くなる可能性だって、十分にありますから。


・・・もし、この記事を気に入っていただけましたら、目次から、他の記事もどうぞ。
   大まかに大阪都構想のことを知りたい方は、まとめブログをご覧ください。
posted by 結 at 03:53| Comment(0) | 広域行政 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。