2010年09月04日

もう一歩、先の話が聞きたいのだけど

 前回、大阪維新の会の大阪市会議員さんが、「大大阪市構想」と呼んでるという話を出しましたが、これは大阪市会大阪維新の会のHPにアップされている広報紙で見つけたものです。
 このHPを見ていて興味深かったのは、提案する政策として、府市の水道事業の統合と交通事業の民営化が挙げられていたことです。どちらも、(交通事業を地下鉄に限れば、)今まで橋下知事が言ってることのようですが、「府市の水道事業を統合・効率化し、料金を値下げします。」「市営バス・地下鉄を民営化し、料金を値下げします。」は、興味深いです。

 まず、府市の水道事業の統合ですが、統合交渉時で、府の水の原価が、市よりも25%程度高いことが、ひとつのポイントで、大阪市案でさえ、投資削減による料金引き下げは、府水道中心でした。市水道は、施設の有効利用にとどまり、市水道の料金引き下げまでは打ち出せなかったはずです。
 大阪市議さんが料金値下げというからには、大阪市民の水道料金が値下げできるということのはず。組織統合で、そのようなことが可能になるということは、大阪市向けの水卸価格を他市より、2〜3割安い特別料金の設定がされるという交渉が事業団とできているか、府下全体の水卸価格が、統合交渉時より、3割以上値下げできる見通しが立っているということかと思います。合意案でも、3000億円の投資削減で、10円程度(1割強)の値下げですから、ちょっと信じられないというのが、本音です。信憑性を高めるためにも、もう一歩、進めた説明がいるのかなと思います。
 まさか、府市の原価の差を無視して(つまり、統合で府下均一料金なら、大阪市は値上がりになることを無視して)、府市の水道事業の統合で、効率化ができるから値下げできるなんて、話でないことを願います。

 次に、交通事業の民営化です。
 「市営バス・地下鉄を民営化し、料金値下げ」は、広報紙で理由が説明されていました。
 地下鉄に絞って説明すると、地下鉄の運賃が高いのは、職員の給与が高いからだそうです。地下鉄職員の年収が751万円に対して、私鉄5社の平均年収が670万円。民営化すると、地下鉄会社の給与は、私鉄5社なみに(自然と)引き下げられるから、コストカットになって、地下鉄運賃も引き下げられるということのようです。

 まあ、地下鉄建設の借金のコスト反映のことは、置いておくとして、地下鉄民営化といっても、私鉄5社のどこかに、まるまる売っぱらうとかじゃなく、大阪府の意向で、色々、新線計画や延伸計画をやらせたいはずです。とすると、大阪府が株式の半分程度を保有する三セク化のはずですよね。三セクも、結構、給与の高さ、マスコミで取り上げられてたりしませんでしたっけ?
 それで、調べてみました。一番近いのは、大阪府が株式の約半分を持つ、泉北高速鉄道を運営する大阪府都市開発(株)なのかなと思います。大阪府が公開している21年7月現在の資料によると、職員給与は年間763万円とのことです。(大阪市の地下鉄職員より高い!)
 この法人についての大阪府の評価は、健全経営を評価するというもので、給与の高さを問題にする指摘は見当たりませんでした。

 少なくとも、民営化すれば、それだけで給与が私鉄5社なみになるということではなさそうなので、こちらも、信憑性を高めるためにも、もう一歩、進めた説明がいるのかなと思います。

 あと、少し話が外れますが、「交通事業の民営化」「市営バス・地下鉄を民営化し、料金を値下げします。」というのは、市営バスの大阪都(=大阪府)への移管を意味すると、受け取っていいのでしょうか?整合する発言が、知事からあるのか、注視したいと思います。
posted by 結 at 03:34| Comment(2) | 広域行政 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私も大阪市民のひとりです。
この「都構想」なるもの、市民にとってどうや?・・と調べているうちにこちらに辿り着きました。
管理者の方は、かなりの博識者とお見受けいたします。
特に現状分析力、役所の事務等の詳細なことからを背景とした推察力まで・・「感動もの」です。
役所の「ものの考え方」等、お詳しいようですが関係の方でしょうか(笑)

当方、橋下知事の行動力を理由に支持派ですが、この「都構想」には当初より懐疑的です。
一度やってしまうと後戻りできない。絶対に失敗は許されないですよね。
単純に考えて、大阪市の弱体化(サービス低下)+8重行政(無駄増大)がデメリットですが、それ以上に大きなメリットがあるのか? そのうちに出てくるであろう条件に興味津々でしたが、待てど暮らせど、最も大事なことは依然分からず・・
そんな不安だらけの中、橋下知事の政治的戦略のみで、この大きな制度改革を実行しようとしています。多くの府民(市民)は橋下知事に白紙委任しているようですね。

9月9日の橋下知事Vs平松市長の直接討論は冷静に見て行きたいと思います。(まぁ話は噛み合わないでしょうが・・)

これからも、勉強しに来ますので、宜しくお願いします。
Posted by 小市民 at 2010年09月04日 19:26
 コメントありがとうございます。
 関係者と思ってもらえるなんて光栄ですが、情報は、ニュース、新聞、ネット情報などで勉強しながら書いてますので、特別に知識がある訳ではありません。このブログを書きながら、随分と勉強させていただきました。

 橋下知事の行動力は、わたしも嫌いじゃないです。ただ、広域行政の一元化というメリットに対して、大阪市民が負うコストは、大きすぎないか。しかも、分市と広域行政の一元化はセットの必要ないしとか、思ってしまいます。
 せめて、大阪市民には、コストを理解した上での選択をして欲しいなと思っています。それなら、「こんなはずじゃなかった。」にはなりませんから。

 9日の討論会行かれるのですね。羨ましいです。わたしは、ニュースで詳しく知らせてくれないかなと願ってます。

 また、よろしくお願いいたします。少しでも、参考にしていただける記事にできれば、いいなと思ってます。
Posted by 結 at 2010年09月05日 02:27