2010年09月02日

なぜ、今、大阪市分割案なのか?

 大阪市分割案の提案がされたという、ニュースが出た時、「今、なぜ?」と思いました。
 内容的に、大阪都構想と掛け離れたものでないことは分かりますが、今まで、橋下知事の発言などでは、大阪市の分割と連想されないように、「市長の代わりを知事が務めるようになって、区役所の権限が拡大する。」といった印象を受け易い説明を、されていたからです。
 マスコミへの露出としても、テレビ番組で3本ほど、連続して「大阪都構想」を取り上げてもらい、どんどん、押して行くぞというようなタイミングです。

 「都制度では、区の独立性が確保できない。」なんて、応援メッセージをもらった石原東京都知事の顔に泥を塗るような発言ですし、「大大阪市構想」なんて言い換えて、宣伝しようとしていた維新の会の市会議員さんなども困られたでしょう。さすがに、大阪市分市案を「大大阪市構想」とは呼べないでしょうから。

 新聞では、住民投票や法改正が必要な大阪都構想は、ハードルが高いので、大阪市議会の決議だけで可能な大阪市分市案にして、ハードルを下げたと書かれていましたが、あまりピンときません。
 それなら、今である必要は何もありませんし、過半数を取ればいい、市長選や住民投票には、かなりの自信を持ってるでしょうし、国が動かなければ、その時、分市案へ移行するのでもいいはずです。
 何より、橋下知事と大阪維新の会にとって、一番ハードルが高いのは、大阪市議会選挙で過半数を取ることなので、分市案は、全然、ハードルを下げたことにならないのです。(市議会選挙が一番難しいと思うのは、浮動票が大半を占める維新の会にとって、定数5の区で、過半数の得票を得ても、3人の当選はなかなか難しいということで分かってもらえるでしょうか?)
 総務省が何か言ってきたかなとも想像しましたが、それでも、今である必要はありません。

 ひとつだけ、辻褄の合いそうな理由を思いつきました。橋下知事が、来年の大阪市議会選挙で、大阪維新の会が過半数の議席を確保するのが無理だと、考えている場合です。

 大阪都構想は、他の会派と意見の隔たりが大きすぎるので、例え、大阪維新の会が、議席の3〜4割を得て第一党となっても、大阪都構想の実現は難しいです。
 それならば、そういう結果がはっきりと出る前=大阪維新の会が何をやるか、恐れられている今のうちに、交渉で成果を引き出した方が、有効という考え方もできるのです。

 交渉をしようとするならば、大阪都構想といった不明確で、すぐには実現できないことよりも、「政令指定都市の返上」「大阪市の分市」といった、明確な条件の方が、メッセージとして有効です。
 この想像通りなら、有力議員さんなどを通じて、大阪市へ交渉入りを促がす働きかけがされているでしょうから、大阪市から「政令指定都市の返上だけなら」と提案があれば、交渉入りも可能となってくる訳です。(「大阪市の分市」を取り下げる替わりに、「府の広域事業へ、資金も含めた協力」といった辺りを、落とし所にするのかもしれません。)
 交渉をしようとするなら、市議会選挙までに、数ヶ月の交渉期間やその後の手続きの期間を取ろうとすれば、今でも遅すぎるくらいかもしれません。
 まあ、全部、勝手な想像なのですが。

 それでも、こんな想像をしていると、一市民として、あまり気分がいいものじゃないです。
 平松市長には、愚直に、職員の削減に頑張ってほしいです。
posted by 結 at 01:01| Comment(2) | 概要 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鋭い分析に感服します。
自身のブログ以外で不確かな情報のコメントをするのもどうか!?と思いつつ、鋭い指摘に追随させて下さい。
維新の会の来春選挙の公募に多数の応募があったとの事ですが、実際、市会議員の候補者選定に難航しているようです。
理由は
・当選の可能性が比較的低くなる(それでも絶大なる勢力ですが…)
・維新の会の行程表が予定通り進むと、市会議員になっても一期で終わる事になる
・橋下知事の下での府議会参加への人気が強い
といったところの様です。

いずれにしても、過半数獲得を公言しているワケですから、過半数以上の候補者を立てられなければ、ソノ時点で又「嘘つき」の批判が少なからずでるでしょう。

しかし、橋下代表の手法は、今回の「政令市分割案」も含めてデキルデキナイの話ではなく、まずデキモシナサソウなことをぶち上げて、可能なところで落とし所をさぐるというものなので、その事を前提に考えていくことが必要なんだろうと感じています。
Posted by 柳本 あきら at 2010年09月02日 11:06
過分のお言葉をいただき、ありがとうございます。
少しでも、興味を持っていただけるような可能性を示せたのならば、何よりです。

維新の会は、候補者選定に難航ですか。情報ありがとうございます。
自分こそ、分市後の新市の市長になってやるという方が、殺到してるということではなさそうですね。でも、「1期だけなら、市議やってもええよ。」というような方ばかりでないのなら、まだ幸いかと。

どうか、お仕事頑張ってください。
後から弾を撃たれているような状況で、こんなお願いは、申し訳ないのですが。
Posted by 結 at 2010年09月03日 03:06