2010年08月29日

大阪市の税収って、多すぎないか?(その2)

 前回の話は、大阪市の税収は、多すぎるかもしれないけど、減税ってなかなかできないから、法律通り高い税金を払った分、しっかり行政サービスで返してもらうしかないということでした。

 ところで、大阪都構想に関連して、テレビでこんな発言を聞いたことがあります。
 「大阪市の税収は大きいけれど、大阪市がたまたまそこにあったことで、大きな税収を得ているだけだ。既得権を主張するようなことではない。大阪市の税収の大きすぎる分は、大阪府知事の下に集めて、大阪全体のために使った方がいい。」
 とんでもない話です。大阪市では、石油のように、税金が地下から湧き出てくるとでも、思っているのでしょうか。

 大阪市の税収が大きいっていうのは、どういうことか、都税化などで綱引きの対象となっている固定資産税を取り上げて、考えてみましょう。

 固定資産税は、地価や家屋の資産価値に、一定の税率で課税をするものです。大阪市で固定資産税の税収が大きいのは、地価が高く、農地や山林のような固定資産税をほとんど払わなくていい土地がほとんどないからです。
 固定資産税というと、資産を持ってるお金持ちの税金というイメージを持ちがちですが、そんなことはありません。ローンで買ったマンションでも、しっかり高い固定資産税を請求されますし、賃貸マンションや賃貸駐車場でも、家賃は、固定資産税を賄えるように設定されているので、大阪市内に住んでいる限り、高い地価に基づく、高い固定資産税をしっかりと負担しているのです。

 地価が高くて、高い固定資産税を払うからといって、その地域やそのマンションへの行政コストが高くかかっているという訳ではありません。
 そして、地価が高い地域に住むのが、みんなお金持ちということでもありません。
 結果、地価の高い場所のマンションに住んで、家賃の高い分を、家計を苦しみながらやりくりしてる市民がたくさんいて、地価が高いから、固定資産税はそれなりにたくさん集まって、市民一人当たりの税収が多いというだけのことです。

 だから、税収の多すぎる分を、税率を下げて市民に返すというのなら、大歓迎ですし、税収の多すぎる分を行政サービスを充実させることで、市民に還元するということでも、まあ、いいです。仕方ありません。(固定資産税など、市町村税って、そういうものです。)
 でも、大阪市の税収が多いから、市の行政サービスなんかほどほどにして、大阪府の広域行政に持って行ってしまってもいいだろうなんて話は、ありえないのです。

 大阪市民も、きちんと府税は、支払っています。府の広域行政は、それでやってください。それで足りないというのなら、大阪市民にだけ、過重に負担をさせるのではなく、府民全体で負担するように、府税をどうするかの検討をしてください。

 ちなみに、大阪府の税収は、都道府県の中でも、トップクラスですし、府民ひとり当たりに直しても、やっぱりトップクラスです。府民ひとり当たり税収でも、(一人当たり税収が他府県の3倍近くある東京都を除けば、)平均より2割程度上回っています。しかも、府税の還元割合の少ない大阪市民を除いて計算したら・・・・。

 大阪市の税収が多すぎるなら、大阪府の税収も十分に多すぎます。
posted by 結 at 11:19| Comment(0) | 財務 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。