2010年05月25日

やっぱり、よく分からない大阪都構想

 今日、新聞の一面トップで、大阪都構想について、関係11市長のアンケート結果が掲載されていました。アンケート結果はともかくとして、その記事での大阪都構想についての説明って、次のようなものでした。

************************
 大阪都構想では、大阪、堺両市や隣接する市を再編し、20万〜30万人規模の20区の特別区を設置。区長は選挙で選び、区議会も設ける方針で、「二重行政解消」と「行政の効率化」を目指している。
************************

 記事全体では、かなりの紙面を費やしながら、これだけです。でも、他のニュースなどを見ていても、これよりも、十分充実した説明って、あまりみたことがないです。
 こんな情報で、大阪都構想をどう考えるかと、意見を決められるようには思えないのです。(そのことが、橋下知事の戦術だとは、さすがに考えたくないのですが。)

 「大阪都構想が実現すると、どうなるの?」ということで、理解を深めるために知りたいと思う項目を、箇条書きにしてみます。

○大阪都(都庁)って、大阪府(現在の自治体としての大阪府庁)と、どのように違うの?
○都区(の区役所)って、今の守口市、門真市などの「市」とどのように違うの?
○都区(の区役所)って、今の大阪市内の区役所と、どのように違うの?
○都庁と都区(の区役所)の関係って、今の府庁と(守口市、門真市などの)市役所の関係と、どのように違うの?
○都庁と都区(の区役所)の関係って、今の大阪市役所と大阪市内の区役所の関係と、どのように違うの?
○都区(の区役所)は、(区民がそのように望むなら)大阪都移行前に行っていた行政サービスを、そのまま提供し続けることはできるの?

 ざっくりと枠組みを知ろうとするならば、まずは、こういうことが知りたいなと思うのです。

 と、こんなことを書いても、誰も答えを教えてくれないので、次回は、(この問いを、テスト問題に見立てて)自分なりの回答を、書いていきたいなと思います。
posted by 結 at 23:23| Comment(0) | 概要 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。