2010年04月22日

大阪都って、こういうことなのかな?

 府の広域行政の権限を、大阪市や堺市から、府に集約するために持ち出した、大阪都への移行ですが、小さな差異は、これから(わたし自身が)勉強していくとして、大まかにいうと次のようなことかなと思っています。

 大阪市と堺市は、一般の市と比べると規模が相当大きいので、政令指定市という府県の権限の一部も持つ特別な市となっている。
 だから、大阪市を8つの市に、堺市を3つの市に分割して規模を小さくして、政令指定市ではない、普通の市にしてしまおう。そうすると、政令指定市として持っていた権限は持てなくなるので、それらは、大阪府の権限となって、大阪府下の広域行政は、大阪府が全部できるようになる。

 報道などの説明では、「大阪市を8つの区に分割」と表現されるので、大阪市役所の替わりを大阪府庁がするようになる制度なのかと、思ってしまいますが、違います。
 今の大阪市や堺市の区と、東京23区の「特別区」とは、全くの別物です。特別区は、区長を選挙で選び、区議会があって、区議会議員も選び、今の市条例の替わりに区で条例を定めます。市とどこが違うんだといったものなので、「大阪市を6つの市に分割する」といった方が分かり易いのです。

 ですから、大阪市役所のやっていた仕事の多くは、大阪府庁ではなく、分割してできる新しい区(というか、市)がやります。
 大阪府庁は、今までどおりの仕事をするだけです。今まで、「大阪市と堺市のエリアを除く」としていた業務では、この注釈を外してエリアを広げますが、やることは基本的に同じです。


・・・もし、この記事を気に入っていただけましたら、目次から、他の記事もどうぞ。
posted by 結 at 02:11| Comment(0) | 概要 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。